納豆と私~高学年便り~

6月14日水曜日(晴)
帰りのホームルームが終了すると、女子児童たちは一目散に部室に駆け込んでスタンバイする。
チャンダンの「カラッ(リズム)」に合わせて舞踊部達の部活動が始まる。
先生は時折いろいろなお話を混ぜて部員たちに教えてくださる。
鳥の「ささみ」や「モモ肉」…
今日は納豆だ!
「ねえみんな、納豆を何回かきまぜる?」
「50回!100回!」
「そうだね、納豆はまぜるとねばりが出てくるよね?踊るときもその粘りが必要なんだよ。」
先生は納豆を「ミジュコン」とおっしゃってた。
実は「ミジュコン」は方言で本来「メジュコン」とも言う。
そんな故郷の方言が飛び交うのもウリハッキョならではだと思う。
P1510133.JPG P1510137.JPGP1510139.JPG P1510126.JPG
P1520892.JPG






我らの鳥=「チョオセ」~低学年便り~

6月17日土曜日(晴)
今年度から我が校の体操着がリニューアルされ、胸には新しいシンボルマークが刻まれました。みんな口には出しますが、実は名前ぐらいしか知らなくて今回ようやく実現された低学年学習会。
「チョオセ」(クロツラヘラサギ)。
特別先生のお話はとても楽しく、初めて観る「チョオセ」にあちらこちらから歓声が上がりました。
今のこの時季はウリナラの地で産卵をするとのこと。
しかし冬には日本にも飛来し、その越冬場所がウリハッキョのすぐ近くという事実に驚いていました。
我が校の児童達にとって「チョオセ」こそまさに我らの鳥なのです!

P1260722.JPG P1260733.JPG
P1260742.JPG P1260738.JPGP1260750.JPG






私は人魚姫?!~低学年便り~

6月14日水曜日(晴)
梅雨入りしたものの、めっきり雨にお目にかかれない日が続く中、低学年(1,2年生)では、待ちに待ち望んでいた水泳教室がスタートしました。
約一年ぶりに再会した先生からの第一声は、
「みんな大きくなってびっくりした!!」
と、体の成長ぶりに驚かれたもよう。
見てと言わんばかりに、潜りや泳ぎを披露する二年生。一年間の成長はかなり大きいようです。そんな上級生以上にあちらこちらで魚のごとく泳ぎ回る1年生!
みんなもっと早く泳げるようになりたいと、意欲がかなり高いようです。
20170618 #2_170619_0005.jpg 20170618 #2_170619_0008.jpg
IMG_1813.JPG 20170618 #2_170619_0029.jpg 20170618 #2_170619_0037.jpg