ドッヂボール それは負けから学ぶこと  ~低学年便り~

7月8日 曇り

今日の体育活動はドッチボール教室です!
ボールのキャッチなんてお手の物。
いかに素早く連携を取りながら、ボールをまわすか。
そして、投げてくるボールを予測してその場所でボールをとることが出来るか。
等々...
今回のチームは1,3年合同チームVS 2年生。
上級生であろうが下級生であろうが、ボールを前にすると本気モード全開。
勝って負けて勝って負けて負けて...
段々士気が弱まりながらも頑張って最後まで闘志つなぎとめる二年生。
次の戦いでは必ずや勝利をもぎ取ることでしょう。


P1270179.JPG P1270181.JPG



P1270191.JPG P1270198.JPG



P1270195.JPG

泥とカエルと私

7月1日(土) 曇りのち晴れ
今年も田んぼではビッグタニシや、オタマジャクシが我々を出迎えてくれました。
そうです!今日はアボジ会主催「田植え作業」。
久しぶりに足を踏み入れる感触、苗を植え付けるこの感覚…
苗を片手に田植え作業を頑張りました。ところが、しっかり植え付けたつもりがあちらこちらで倒れてしまって、その苗をアボジ達が最後まで支えなおしてくださいました。
あぜ道に飛び回るカエルに大興奮する児童達…
体操着や靴下はもちろん、顔や耳の後ろまでしっかりお土産(泥)をくっつけて帰ってきました。
去年に続き児童たちに大切な食育の一環である田植え経験を準備してくださったアボジ達、本当にカムサハムニダ!
IMG_1882.JPG IMG_1873.JPG



IMG_1861.JPG IMG_1881.JPG



P1260983.JPG P1270012.JPG




我らの鳥=「チョオセ」~低学年便り~

6月17日土曜日(晴)
今年度から我が校の体操着がリニューアルされ、胸には新しいシンボルマークが刻まれました。みんな口には出しますが、実は名前ぐらいしか知らなくて今回ようやく実現された低学年学習会。
「チョオセ」(クロツラヘラサギ)。
特別先生のお話はとても楽しく、初めて観る「チョオセ」にあちらこちらから歓声が上がりました。
今のこの時季はウリナラの地で産卵をするとのこと。
しかし冬には日本にも飛来し、その越冬場所がウリハッキョのすぐ近くという事実に驚いていました。
我が校の児童達にとって「チョオセ」こそまさに我らの鳥なのです!

P1260722.JPG P1260733.JPG
P1260742.JPG P1260738.JPGP1260750.JPG