上手に箸を使って!あずき運び大会~ハッキョ便り~

10月5日(土) 晴れ


「あずき運び大会」がありました。
ルールは簡単!あずき10粒を正しい箸の持ち方で素早くお皿に移すだけ!
事前に予選が行われ、各学年から代表が選ばれました。
一回勝負の本選。緊張感が漂う中で、一粒一粒、上手にお皿へと運び上げます。
幼稚園児は、スプーンで一生懸命すくいます。その集中力は大人顔負けです…笑
結果は、なんと!低学年の部で一年生の朴智奈トンム!高学年の部では、6年生の文里紗トンム!幼稚園の部では、姜亜蘭オリニが一位に輝きました!
おめでとう!!一位のこども達には、図書カードが贈呈されました。

お箸を正しく持つこと、それは美味しいご飯を作ってくれた方に感謝をすること。
お箸を正しく持つこと、それは生命のありがたみを知ること。
校長先生は、お箸の持ち方を通して「食」に対する姿勢や感謝の心をこども達に説きました。

P1510529_256_256.jpgP1510534_256.jpg
P1510555_256.jpgP1510535_256.jpgP1510566_256.jpgP1510569_256.jpg

この記事へのコメント