少年団キャンプ~高学年便り~


7月5日(金)、6日(土)曇
人にやらされるのではなく、自ら進んで、積極的に楽しみながら活動するのがキャンプの醍醐味の一つ。
飯盒を使って自分たちでご飯を炊き、寝床を作る中で自主性が育まれます。
高学年では自主性と協調性を育むことを目的に、毎年1泊2日のキャンプを行っています。
今年のキャンプ場は宗像市にある福岡県立少年自然の家「玄海の家」。
海と緑の自然溢れる環境と親身に接してくれる施設の指導員さん達がとても魅力的でした。
高学年児童19名全員と指導教員3名、朝青からもお手伝いのため2名のイルクンが忙しい中、駆け付けてくれました。
キャンプは4,5,6年生混合の3つのチームを作り活動しました。
下級生がわからないことを上級生が教えてあげたり、難しいことは力を合わせて乗り越えたり。非日常だからこそ改めてその難しさや大切さをたくさん学ぶことができます。
普段見せない児童たちのがんばる姿、頼もしい姿に先生たちも多くの発見と感動をみました。
1学期も残りわずか。
猛暑が見舞われる中、キャンプを通じて今までより一層成長した児童たちが、最後まで健やかに、そして一生懸命学校生活を送れるよう積極的に臨んでいきます。

P1710554.JPG
P1710561.JPG
P1710578.JPG
P1710605.JPG
P1710646.JPG
P1710700.JPG
P1710719.JPG
P1710725.JPG
少年団ヤヨン2019_190706_0040.jpg
P1710773.JPG
P1710857.JPG
posted by fces at 22:31Comment(0)日記

どこよりも酸っぱい、どこよりも甘い ~低学年便り~


7月6日(土) 曇 

卒業生によって植えられた樹木が、校庭の至る所で実を結んでいます。
この時季は、ブルーベリーの実がしっかりと色づきます。
さあ収穫祭。(そこまでの数はありませんが…^^;)
見慣れない児童達の口からは、「これは何?」、「食べられるの?」と、質問の嵐です。
勇気を絞ってお口にポイッ!
顔じゅうのしわが作られた直後、「甘い!!!」
そりゃそうですよ。
これまで大切に育てたられた先輩達の愛情がたっぷり詰まった「結晶の実」です。
これからもブルーベリーの味は後輩たちに受け継がれることでしょう。


IMG_4578.JPG IMG_4579.JPG



IMG_4580.JPG IMG_4589.JPG



IMG_4588.JPG

posted by fces at 15:51Comment(0)日記